6・9新木場大会リポート!【ZERO1】プロレスリング ゼロワンからのお知らせ

6・9新木場大会リポート!

第1試合に登場したTARUは電流爆破マッチが決定している三又GMを挑発!

KAMIKAZEは退団を発表してからこれが初めての試合。かつては一緒にタッグのベルトを巻く等した耕平とぶつかり合った。

今大会で行われたタイトルマッチは3つ。まず6・3札幌の再戦となった将軍岡本vsクリス・ヴァイスの一戦は将軍が防衛に成功。木髙イサミも大谷晋二郎の挑戦を退け、ジュニア2冠を死守した。久々のジュニア挑戦で敗れた大谷は悔しさ爆発。更にBSではプロレスの教科書も披露した。

一方、SUGI&政宗の持つライトタッグに挑戦した日高郁人&阿部史典は一発奪取に成功! 試合後にはリング上から「相席タッグ」を名乗ると阿部が一方的に宣言し、日高も渋々ながら了承した。

メインのタッグマッチでは宮本裕向が田中将斗からフォール勝ち。そして試合後に火祭り優勝を宣言…しようとした所で大和ヒロシも出場をアピール。その後、菅原拓也、岩崎永遠とアピールは続き、三又GMが「出したい選手」としてSUGIと黒潮“イケメン”二郎を順に呼び込む。更に昨年は初めて火祭り不参加だった大谷も名乗り。何だか楽しい事になってきた。

新着ヘッドライン

最新試合結果

これから先のイベント

このページの先頭へ